短い睡眠でも朝スッキリ! 睡眠の質を高める睡眠音楽|心身の緊張を解きリラックス効果 本当に疲れが取れる熟睡モードへ!安らぎのリラックスタイム 寝る前に聴く曲

短い睡眠でも朝スッキリ! 睡眠の質を高める睡眠音楽|心身の緊張を解きリラックス効果 本当に疲れが取れる熟睡モードへ!安らぎのリラックスタイム 寝る前に聴く曲

【睡眠の知識】
睡眠には、眠りに入ってからぐっすり眠るまでのノンレム睡眠、脳波上はほとんど目を覚ましているのに、実際は深い眠りのレム睡眠があります。これらは約90分感覚で繰り返されます。このノンレム睡眠がいかに深く寝ることができるかが、睡眠の質にかかわってきます

【快眠】夜すぐにグッスリ眠れる方法!【安眠】
テレビやパソコン、携帯の画面からの光を浴びると、交感神経が刺激され、興奮した状態になります。
このような状態ではなかなか寝付くことはできません。
テレビやパソコンは寝る1時間前には消し、携帯もなるべく使わないようにしましょう。

寝る直前まで、仕事やゲームで頭を使っていませんか?
また、布団に入ってから考え事を始めたりしていないでしょうか?
ゲームや考え事をすることで頭の血の巡りがよくなり、眠れなくなります。
ゆっくりと呼吸をして、他のことを考えないようにしてみましょう。
また、寝る前にお香を焚いたり、香りの好きなハーブティを飲んだりするのも効果的です

【食事は寝る3時間前までに終える】

あなたが食事を終えたあと、胃や腸は消化活動をします。
活発に消化をしている途中に寝ようとするとなかなか寝つけません。
だいたい1食分が消化されるまで3時間かかりますので、その時間を目安にしましょう。
その日に寝る時間を計算する習慣をつけると良いです。
0時に寝るには、少なくても21時には食事を終えよう・・といった心掛けがぐっすり眠れる習慣をつくります

【風呂は寝る1時間前までに終える】
疲れを癒すお風呂。湯船につかりゆっくり温まって、すぐに寝るのは寝つきが悪くなります。
人間は、身体が睡眠に入るとき、体温を下げます。
いわゆる身体の省エネモードに入るので、あたたまり過ぎていると体温を下げるのに時間がかかるため、
寝つくまでに時間がかかります。
こちらも、寝たい時間を基準として一日を通して時間帯を考えるといいでしょう。
21時に食事を終えたら、11時までには入浴しようといった感じです。

【昼寝は短時間、夕方以降はしない】
昼過ぎに眠くなり、ついつい昼寝を何時間もしてしまうことがあるかもしれません。
でも昼寝をしてしまうと、睡眠のリズムが崩れたり、夜中になっても眠くならないこともあります。
昼寝は短時間にし、夕方以降には取らないようにしましょう。

下記参照
http://matome.naver.jp/odai/213560078…

あわせて読みたい